国際離婚の慰謝料請求

Pocket

日本人同士であれば、相手に不貞行為があれば、慰謝料請求が可能です。ですが、国際離婚の場合は、必ずしも慰謝料請求ができるとは限りません。また、請求ができたとしても、それが回収できるとも限らない現実があります。

日本国際離婚をする場合、ポイントとなるのは、どちらの国に住んでいるかということ。国際離婚をする相手が外国人であっても、夫婦で日本在住だった場合には、慰謝料に関する法律は日本のものが適応されます。もちろん、慰謝料の請求は相手側に不貞行為があった場合、暴力を振るわれた場合、金銭トラブルがあった場合、の事実が認められることが必要になります。外国人のパートナーと結婚して夫婦で住んでいたけれど、相手が別の女性と不倫をし、精神的苦痛を受けたという場合には、慰謝料請求が可能です。加えて、不倫をした相手にも請求をすることができます。これは、日本人同士の場合と同じということになります。

日本の法律が適応になるから安心かというと、離婚相手が本国に帰国してしまうと、慰謝料の取り立てが難しくなる問題があります。慰謝料請求ができたのに、何故そういう事態に陥るのかと納得できないと思いますが、実際問題として、非常に厳しくなる可能性が高いです。