慰謝料問題のポイント

Pocket

離婚相手が本国に帰国することで、何故取り立てができなくなるかと言うと、この場合、調停調書や裁判書の判決書に基いて、相手国の弁護士に取り立ての代理を依頼する等して取り立てを行うのですが、慰謝料請求は離婚後3年以内と決められている為、それまでにきちんと取り立てができるかどうかは非常に厳しいことになります。相手も、本国に帰ってしまえば、という考えがある可能性がありますので、簡単には行かないのが現状ということになります。

握手このように、日本の法律が適応されても、実際には強制力がない場合が多くありますので、様々な法律やアプローチ法を駆使して相手から慰謝料請求をしないと太刀打ちできません。そんな場合には、弁護士に相談して、どのようなプランで交渉を進めるべきか、的確なアドバイスをもらうようにしましょう。泣き寝入りをしてしまうと、一円ももらえずけむに巻かれてしまうこともあります。相手は自国の法律に強い可能性が高い為、こちらが弱い立場になることもあります。そうならない為にも、弁護士という強い味方をつけて、戦う姿勢を見せることも大切です。また、日本人側が相手の本国に住んでいるケースでも、いろいろなトラブルが待ち構えています。