離婚の際の慰謝料問題

Pocket

グローバル社会になった現代では、日本に暮らす外国人、海外に暮らす日本人も大勢おられます。もちろん、国際カップルも多く、結婚して現地に暮らす人、外国人配偶者が日本に来て一緒に暮らしている人等、様々です。国際結婚が増えると同時に、国際離婚もまた増えているのが現実であり、その離婚問題については、日本人同士の離婚問題の比ではなく複雑で、かつ困難な問題が多く発生します。

女の子日本では、相手が不貞行為をしたとして、慰謝料請求をすることは当然という考え方がありますが、海外の場合は全く異なる見解を持つ場合があります。例えば、アメリカの場合では、不貞行為があった時点で夫婦関係は破錠している、という判断がなされますので、不倫相手に対する慰謝料請求は原則的に認められていません。お国柄ということもありますが、一円ももらえないのであれば、こちらはたまったものではありません。

しかしながら、国際離婚をするということは、そのような壁が四方八方に立ちふさがっています。その問題について、個人で戦うにはあまりに難しすぎる問題と言えるでしょう。相手は自国の法律に強いということもあり、慰謝料に関しては優位に交渉を運ばれてしまう可能性があります。どちらに住んでいるかということで立場は変わってきますが、とにかく相手国の法律、日本の法律、両方について勉強しなければいけません。そんな力や時間はないという場合には、国際離婚に強い弁護士に依頼されると良いでしょう。